Minimum Audio
   かんたんオーディオ   
  

良い音で聞きたい

パソコンには申し訳程度の音が良くないスピーカーが内蔵されています。一応音は出ますが、音は歪んでいるし低音は全くでないし、音楽の魅力を伝えることはできませんね。

iPodやiPhone、iPadで音楽を楽しんでいる人はパソコンのiTunesに音楽ソースを入れていると思います。このパソコンを中心としてオーディオ・システムをつくるととても高音質で音楽を楽しめるようになります。一部のオーディオファンには知られていることですが、パソコンを使ったオーディオ・システムは、何十万円もする高級CDプレーヤをしのぐ音が出すことも可能なのです。


パソコンのイヤホン・ジャックを使う

パソコンのオーディオ出力を使ってスピーカーを鳴らす方法はいろいろありますが、ここでは最もシンプルな構成としてパソコンのイヤホン・ジャックを使う方法を考えてみましょう。パソコンのイヤホン・ジャックの音はそんなに悪いわけではなく、じつは揺るがすような超低音から高音までとてもワイドレンジなのです。ただちょっとノイジーなのが弱点です。外部のスピーカーを使うことでパソコン内蔵のスピーカーに比べたら格段に良い音で音楽が楽しめます。


パソコン+パワード・スピーカー

アンプとスピーカーが一体になったものをパワード・スピーカーといいます。パワード・スピーカーを使えば、パソコンのイヤホンジャックとケーブルでつなぐだけで「かんたんオーディオ・システム」が出来上がります。

<その1>
できるだけ廉価にパソコンのスピーカーのチャカチャカ音から脱出して、ちょっとだけそれらしい音で音楽を聴きたいというのなら、お手軽にご予算1,800円〜3,300円コースでいかが。Youtubeにレポートがあったのでリンクしておきます。使用上の注意としては、どちらもUSBから電源をもらうのでパソコンのUSBを使うとパソコンがかわいそうです。市販のUSB電源アダプタを使ってください。

 
Creative Pebble 1,800円(左)/ TaoTronics TT-SK018 3,300円(右)

<その2>
スピーカーの低音の質はスピーカーの直径でほぼ決まります。最低限のバランスを求めると直径6cm以上が必要です。Creative T15 Wireless(5,400円)あたりがボーダーラインです。Bluetoothがついていますがイヤホンジャックとつないで有線でも使えるのとこのクラスではお安い方なのでこちらでもご紹介しました。

4,000円以下で買えるT10をおすすめしようとしましたが、T10は一定時間音がないと電源が勝手に切れてしまい、手動で電源ONしなおさなければならないので具合が悪いのです。このT15は勝手に電源が切れることはありません。

<その3>
手軽なところで、YAMAHA NX-50というパワード・スピーカーがあります※。元々はデスクトップやテレビの補助として設計されたスピーカーです。7cmフルレンジ・スピーカーでコンパクトなので豊かな低音や部屋全体を音で満たして音に浸るようなことはできませんが、十分に高品質な音を出してくれます。音に反応して自動的に電源がON/OFFする機能もありがたいです。生産終了品なので今ならamazonで10,000円以下のお買い得価格で手に入ります。

※NX-50の後継はNX-B55で、デザインや基本機能はNX-50と同じでBluetoothが追加されました。amazonで22,000円くらいです。こちらにしておけば、Bluetoothドングルを追加するだけで無線化できます。

<その4>
BOSEサウンドがお好みの方は、Companion 2 Series IIIはいかがでしょう。こちらもデスクトップやテレビの補助として設計されたスピーカーで、7cmフルレンジ・スピーカーでコンパクトなくせにBOSEお得意の低音がブンブン出ます。amazonで13,000円くらいで手に入ります。


パソコン+パワード・スピーカー・・・廉価に高音質&迫力

3万円の投資で高音質と迫力を得るというのはいかがですか。YAMAHA HS-5というスタジオ・モニター・スピーカーです。amazonで2本ペアで28,000円くらいですから、接続ケーブルを買い足しても3万円以内で収まります。サウンドハウスなら25,500円。HS-5は、多くのスタジオで使われているNS-10を受け継いだバランスの良い音が特徴で、NS-10よりもさらにナチュラルさが得られています。カラーはブラックとホワイトがあります。

使用上の注意点としては、電源スイッチがスピーカーごとに背面についているので、電源スイッチのON/OFFのための工夫がいります。それから、入力端子がプロ仕様のキャノンXLRと1/4インチ・フォーンジャックなので、パソコンのイヤホン・ジャックとつなぐためには、3.5mmステレオミニプラグ〜L/Rフォーン・プラグの変換ケーブルが必要です。「ミニプラグ フォーン 変換」で検索すると見つかります。



Enjoy iTunes Music with Eye Trackerに戻る