Volume Control
 ボリューム/音量調節を快適に 
  

このページの内容

パソコンから出る音
2つのボリューム/音量調節
iTunesのアプリ・ボリューム操作
パソコンの本体のボリューム操作
数字キー方式、Fキー方式
音量変化の考え方
Tray Volume:音量/キーボードの設定

パソコンから出る音

パソコンの中にはさまざまな音源があって、それぞれが勝手に音を出します。

・Windowsが出す音・・・パソコン起動時やエラー時のビープ音など。
・ブラウザが出す音・・・Youtubeなどの動画音など。
・メールの着信音。
・ゲームソフトが出す音。
・WindowsMediaPlayerが出す音。
・iTunesが出す音。
これらの音の音量はどうやって調節していますか?


2つのボリューム/音量調節

パソコンには、パソコン本体が持っているボリュームともうひとつ、iTunesなどのプレーヤ(アプリ)側にもボリュームがあります。Youtubeの画面の下についているボリュームもアプリ側のボリュームです。

「パソコン本体のボリューム」・・・パソコンから出る全ての音をまとめてコントロール。
「アプリのボリューム」・・・iTunesなどひとつのアプリから出る音だけをコントロール。
右図を見てください。通常、Windowsシステムがエラー時に出すビープ音やゲームが出す音のの音量は、パソコン本体のボリュームでないと調節できません。しかし、ブラウザで見ているYoutubeやiTunesのようにアプリ側にボリュームがついている場合もあります。

パソコンには2種類のボリュームがついていてどちらもちゃんと動作します。しかし、パソコン本体のボリュームを絞ってしまったら、アプリ側のボリュームを上げても音は出ません。アプリ側のボリュームを絞っていても、パソコン本体のボリュームが最大になっていると、突然大きなビープ音でびっくりすることになります。

普段はどちらのボリュームを使うのがいいかですが、アプリ側のボリュームは各アプリ間の音量バランスをとるだけにして、メインはパソコン本体のボリュームを使うのが正解です。なぜかというと、アプリ側のボリュームはiTunesがアクティブ(最前面)の時しか反応しないので、iTunes以外のアプリを使っている時は一旦画面をiTunesに切り替えなければなりません。パソコン本体のボリュームはいつでも反応してくれるからです。


iTunesのアプリ・ボリューム操作

アプリのボリュームをメインに使うのはあまりおすすめしませんが、操作は簡単なので先に説明します。iTunesやWindows Media Playerの画面には標準的にアプリのボリュームがついています。

画面上のスライド・ボリュームを視線制御で操作するのはかなり面倒ですが、ショートカット・キーを使えば操作は簡単です。しかし、このボリュームはiTunesがアクティブ(最前面)の時しか反応しないので、iTunes以外のアプリを使っている時は一旦画面をiTunesに切り替えなければなりません。

iTunesWindows Media Player
音量を上げるCtrl+↑F9
音量を下げるCtrl+↓F8
ミュート(なし)F7



パソコンの本体のボリューム操作

パソコンの音を自在にコントロールするためには、パソコン本体のボリュームを自由に使いこなす必要があります。下の画像はパソコン本体のボリュームです。キーボード上の専用キー(F3、F4など)のほかに、画面下のタスクバーのスピーカー・マークをクリックしても出てきます。音楽再生ではこれらのボリュームをメインで使いたいのですが、視線制御でこれを自在に使うのはかなり困難です。

キーボード上の専用キーにはF3、F4と書いてありますからF3キーやF4キーが使えそうに思えますがこれがダメなのです。これはハードウェア・キーなのでF3やF4とはリンクしていません。タスクバー側は、音量を変えるたびにスピーカー・マークをクリックしてからスライド・ボリュームを操作するなんていう操作も考えたくないですね。

<ボリュームのフリーソフトを使う>

そこで考えたのは、パソコン本体のボリューム・コントロールのフリーソフトで使えるものはないか、ということです。高機能なものであればショートカット・キーが作れるかもしれません。そう考えて見つけたのが「Tray Volume」です。このボリューム・コントロール・ソフトはさまざまな音量操作について自在にショートカット・キーが作れるので、自分の使い方に合ったカスタマイズすらできます。

Tray Volume」をインストールする際は、一切変更せずにインストーラの言いなりで行います。下手にチェックボックスをはずすと常駐してくれません。なお、設定画面はバージョンによって少しずつ異なるため以下の画面と若干異なることがあります。

このフリーソフトを使って何をやりたいかというと、音量を10段階に分けてショートカット・キーとして使いたいのです。私のおすすめショートカット・キーは以下の2種類で一長一短があります。

<数字キー方式>
音量1〜音量10をキーボードの数字キーの「1〜0」に割り当てて、Ctrlキーと組み合わせます。音量を下げるを=キーに、音量を上げるを+キーに割り当てます。

この方式の長所は、他のショートカット・キーとぶつからない点です。短所は、常にCtrlキーとの組み合わせになることです。


<Fキー方式>
音量1〜音量10をキーボードの「F1〜F10」キーに割り当てます。音量を上げるをAlt+↑キーに、音量を下げるをAlt+↓キーに割り当てます。私は今はこちらを使っています。

この方式の長所は、Fキー一発で操作できることと、iTunesのアプリ・ボリューム(Ctrl+↑、Ctrl+↓)と同じキーボードなので併用が可能なことです。短所は、F1キーはHelp、F5はブラウザの再読み込みのショートカットですがこれが使えなくなります。他のアプリでF1〜F10を使っているものがあると無効になります。

<音量変化の考え方>
Tray Volumeの10段階の「音量」の初期設定は音量1=10%、音量2=20%、音量3=30% ・・・・音量9=90%、音量10=100%という風に10%刻みの等差数列になっていますがこの変化は人の耳の感覚に合っていません。音量1と音量2は2倍の開きがあるのに、音量9と音量10は1.1倍しかなく、音量の変化に違和感があります。このフリーソフトを作った人は肝心なところがわかってない。

人の耳の感覚は対数関数です。人の耳に自然に感じるためにはこの間隔を右図のように等比数列にアレンジする必要があります。パターン1(網がけ)は、10ステップで音量がちょうど10倍の変化が得られる設定です。最大音量と最小音量でもうすこし差が欲しい場合はパターン2か3にします。

<Tray Volume:音量の設定>
違和感のない音量変化にするために「音量」の設定を変更します。

スタートメニューのリストから「Tray Volume」を見つけてクリックするか、画面下のタスクバーの∧マークをクリックしてから「Tray Volume」のアイコンをクリックします。すると右の設定画面が出てきますので、「音量」のタブを開きます。音量をひとつずつ選んで下のバーを左右に動かして希望する値になるように調節します。この例ではパターン1で設定しています。

<Tray Volume:キーボードの設定>
次に「キーボード」のタブを開きます。アクションにさきほど音量で設定したものが出てきます。値が変わっていない場合は設定画面を一旦とじて再度開くとちゃんと表示されます。

音量1から音量10まで、ひとつひとつ選んでホットキーのところにカーソルを置いて、割り当てたいキーを押して設定してゆきます。ちょっと面倒な作業です。この画面の例では、数字キー方式で「Ctrl+数字」で設定しています。

「音量を上げる」と「音量を下げる」は、「Ctrl++」と「Ctrl+=」を割り当てたところ、画面のようにセットされました。何故「+」が「Shift+;」で「=」が「Shift+-」なのかは、お使いのキーボードを見ればその理由がわかりますよ。

なお「音量を上げる」と「音量を下げる」の一回あたりの変化は「操作」タブで何%にするか設定できます。2%〜3%くらいがいいでしょう

こちらが実際に操作している様子です。数字で指定するのでわかりやすい上に、一発で希望する音量に達するのでマウスで操作するよりもずっと速いですね。

←Ctrl+5で音量28%を指示したところ



Enjoy iTunes Music with Eye Trackerに戻る