JAGUAR XE 20t Impression


■ファースト・インプレッション

XE 20tを手に入れる前に何度か試乗する機会がありました。はじめて乗った時の印象は、ROVER 75と比べると「固く締った感じ」です。ROVER 75は17年前のクルマですが、ボディー剛性はとても優れていてMERCEDESやBMWと比べても見劣りしませんでした。それに慣れた感覚でXEに乗ってみると、XEのボディーが良く出来ているのがわかります。面白いのは、ROVER 75よりも重いクルマなのに重さを感じることがなく、むしろ軽い感じがします。乗り慣れた英国車の感じというよりは、英国車なのにドイツっぽいかなというのが最初の印象です。そういう印象を語るモータージャーナリストも多いようです。

都内の中心部(青山〜赤坂〜外苑前)を走ってみて、素直で非常に運転しやすいクルマだと感じました。水戸の田舎道を走った時は、ゆるやかなカーブを正確にトレースするのが楽なクルマだと気づきました。総じてステアリングの感覚とクルマの挙動が一致していて、車幅に対してあまり余裕がない細い道路でも無理なく安心して走れるところが優れています。


■都内を走る+首都高速を走る

2000ccのダウンサイジング・ターボ・エンジンで1.6tのボディーを引っ張るわけですが、パワーに不足はありません。8速ATは、比較的低回転の領域を使う傾向があり、市街地を走った時は1100〜1500回転あたりが多く、それくらいの回転数で足りています。たまに2000回転に届くくらいなので、低音系の静かにうなるようなエンジン音が特徴です。

カーブが多く進路変更が頻繁に起きる首都高速は、JAGUAR XEのためにあるのではないかと思うくらい走りやすいです。Rのきついカーブでも安定した姿勢を保ちつつ正確なラインをたどってくれますし、軽く踏むだけで加速し、ブレーキングも思い通りに減速してくれます。JAGUAR XEのブレーキはとても良く利きます。


■立体駐車場

BMW 3シリーズの車幅は1800mm、MERCEDES Cクラスは1810mmですからJAGUAR XEの1850mmは広い方に属します。1810mmまでのクルマならばほとんどの立体駐車場に入れることができますが、1850mmになると微妙でダメな場合がよくあります。さらに、MERCEDES Cクラスのトレッドは1510mmですが、JAGUAR XEは1600mmもあります。車幅がOKでもタイヤが収まらないことが多いのです。


■高速道路を走る・・・アダプティブ・クルーズ・コントロール

高速道路を巡航すると、JAGUAR XEの抜群の直線安定性と素直なステアリングフィールを感じることができます。路面の状態をしっかりと拾いますが、ゴツゴツ感はありません。遮音性はあまり高くなく、エンジン音やタイヤ音はそれなりに聞こえてきますから、静粛という感じはありません。しかし、振動や走行音に違和感はなく、人を不安にさせるような挙動もないので乗り心地はとても良いです。100km/h時の回転数は1800くらいでしょうか。高速巡航時のエンジン音はとても静かです。

昨今流行のアダプティブ・クルーズ・コントロールが標準装備されており、特に渋滞時に威力を発揮します。クルーズ・コントロールをONにするには32km/h以上が必要です。車間は4段階で調節でき、車間はそれぞれの段階ごとに車速に応じてダイナミックに変化します。ONにした状態で渋滞の低速走行状態になると、停止しない限りのろのろと走りつつも車間を維持します。停止してもアクセルを軽く踏むとクルーズ・コントロールは復帰します。


■田舎道を走る

英国のみならず欧州をドライブしたことがある方ならわかると思いますが、あちらの道路は日本と違って、信号機が少なく、渋滞がなく、そもそも走っているクルマの数が多くありません。そして、ポテトチップスのような丘陵をうねった道がどこまでも続きます。欧州車、とりわけ英国車はこういった道を気持ちよく走るために作られたようなところがあります。

日本には欧州のような田舎道は多くありませんが、そんな道をJAGUAR XEで走ってみるとたとえようもない快感を味わうことができます。JAGUAR XEは、ゆるいカーブになると横Gをかわしつつ程よいロールをします。ドイツ車にも国産車にもないロール感の心地良さが英国車の特徴でもあります。


■オーディオ、USB、Bluetooth

英国のハイエンド・オーディオ・メーカーMeridianが標準装備されており、音はとても良いです。ワイドレンジであり、低域がボンついたり、中域が引っ込むようなこともありません。

私が乗っている初期の2016年モデルは、10枚分のCDデータを読み込む機能のほかに、iTunesなどの音楽データを入れたUSBメモリを差し込むことができます。対応しているフォーマットは、AAC、MP3、WAVの3種類で、Appleロスレスはダメでした。後期のモデルではUSBメモリを直接読み込む機能が廃止されたようで、そのかわりUSBメモリのデータをクルマに内蔵されたメモリにコピーできるようになりました。

Bluetooth経由でiPhoneと連動しますので、ステアリングのボタン操作でハンズフリーで電話をかけたり、iPhoneの音楽ソースを再生できます。


HomePageに戻る / Copyright(C)2018- Tetsu Kimura/Perche