ワイン
TOQUES et CLOCHERS
仏蘭西、リムー

リムーと聞いて南フランスのあの地域のことだとご存知の方は、相当の「廉価」ワイン通でいらっしゃいます。
南フランス、ラングドック・ルーション地方は昔からバルク売りの安い無名ワインの供給地でした。
国際線のエコノミークラスの食事に只でついてくるワインでラベルに「Vin de Pays d'Oc」と書いてあったらそこの安ワインです、ハイ。

そのラングドック・ルーション地方はいろんなタイプのワインの作り手がひしめいているところで、中でも変わっているのがリムーという村。
ここだけ、シャルドネを使ってブルゴーニュと同じ製法で白ワインを作っているし、シャンパンと同じ製法でクレマンも作っている。
なので、ミネルヴォワとかコルビエールとか、周辺の他の村がみんないかり肩のボルドー瓶なのにリムーだけなで肩のブルゴーニュ瓶を使う。
私のお気に入りドメーヌは、繊細でなめらかな"AIGLE"と力のある"TOQUES et CLOCHERS" ・・・あくまで個人的感想。

"TOQUES et CLOCHERS"は土質・標高の異なる複数の畑を持っていて、いろんな味わいのワインを造る。
中でもバランスが良く、力があるのがこのAUTAN。
見つけたら、即、箱買いです。

Living & Dining & Working & Playing に戻る