知れば知るほど面白い
邪道クラシック音楽の世界


邪道クラシック音楽とは・・・

ドイツの某オーケストラのメンバーが何人か集まって、室内楽を楽しんでいました。ベートーヴェンには七重奏曲がありますし、シューベルトも八重奏曲を書いていますから、彼らは、このようなプログラムを中心に、演奏会を開いたり、時には録音もするようになりました。ある日、リヒャルト・シュトラウスの曲の話題になり、彼の曲は大規模なオーケストラでないと曲にならない、いや、なる、という議論が始まりました。そう言うんなら「ティルオイレンシュピーゲルの愉快な悪戯」という曲を小編成の曲にしてみろ、なんていう話になり、よっっしゃ、やったる、と言ってしまった御仁がおりました。

さて、翌日、彼は8人編成の室内楽に編曲したリヒャルト・シュトラウス「もうひとりのティルオイレンシュピーゲル」と題した楽譜を持ってやってきました。そして、演奏して皆がびっくり。とても素晴らしい出来だったのです。編曲者の名は、ハーゼンエール。その曲を演奏したのは、ベルリン・フィルハーモニーのメンバーで結成されているベルリンフィルハーモニー八重奏団です。この曲は一躍有名になり・・・何故かといいますと、彼らは、演奏会のアンコールでこの曲を好んで演奏したからです・・・日本での公演でもたびたび演奏されました。

さて、皆さん。当のリヒャルト・シュトラウスがこの「もうひとりのティルオイレンシュピーゲル」を聞いたら、一体何と言ったでしょうか。ご機嫌を損ねたかもしれませんし、大喜びしたかもしれません。しかし、そんなことはどうでも良いのです。聴衆は大喜びしたんですから。


ピアノによる「愛の歌」


弦楽六重奏による協奏交響曲


ブラームスのトロンボーン三重奏曲って?


10人でやるブルックナーの交響曲第7番


13人でやるマーラーの交響曲第4番


アンサンブル・プラネタ


ウィーン・フィル・メンバーによるイージーリスニング


モーツァルト 声楽のためのカノンと重唱


フリードリヒ・グルダ ゴロヴィンの森の物語(J.シュトラウス2世へのオマージュ)


ベートーヴェンのエコセーズ・・・ピアノのための舞曲集


サン・マルコ広場のカフェとサロン音楽


ダニー・ケイとニューヨークフィルの夕べ


トビアス・ライザー合奏団


オリジナル編成による「ジークフリート牧歌」


グレン・グールドによるワグナー


2つの木管楽器のためのハルモニームジーク



ハルモニームジークを残した宮廷楽長達


W.A.Mozart:「ドン・ジョヴァンニ」(ハルモニームジーク)


W.A.Mozart:「音楽の冗談」ヘ長調 K.522


J.Brahms:ピアノ四重奏曲第1番ト短調 op.25 (オーケストラ版)

A.Tibizen:「運命の衝撃」

ウィーン・ハイドン・トリオのワルツ


J.Lanner:ワルツ「モーツァルト党」op.196


L.v.Beethoven:ピアノ三重奏による交響曲第2番

L.v.Beethoven:ピアノによる交響曲第5番/第6番


L.v.Beethoven:弦楽セレナーデ op.131/op.135


L.v.Beethoven:弦楽とピアノのための四重奏曲変ホ長調 op.16


A.Berg / A.Schoenberg / A.Webern



フィリッパ・ジョルダーノ
FILIPPA GIORDANO


「もうひとりのティルオイレンシュピーゲル」


Wiener Philharmoniker Oper und Kammermusikに戻る