ウィーン休日散歩.

photo by Tetsu Kimura
風致保存地区Spittelbergの家並み。

Demel

Demelといえば王室御用達の正統派ウィーン菓子ですが、
通りに面したところでジェラートも売ってました。
絵になっていたので思わずパチリ。


Demel

いやはや、でかいです。
お持ち帰りにするとすてきな包装をしてくれますよ。

Introduce Demel→


Demel

2階へ上がる階段の途中から、
厨房内を見ることができます。
この日は、クリスマス用のお菓子を作っていました。

あまり知られていませんが、
地下にはDemel Museumがあります。


Cafe Sacher

ここはザッハトルテでおなじみですね。

かみさんは、
「食感はDemelだけど味はこっちね」と申しております。
僕は「どっちもOK」です。

スイーツで有名ですがもちろんお食事もOK。


ALTMANN & KUEHNE

チョコレートで知られた店はたくさんありますが、
この店のパッケージは小さくてすてき。
おみやげに是非どうぞ。


LESCHANZ

チョコレート好きならここもはずせないですね。
Demelのトップ・ショコラティエが独立して開いた店。
こちらも、おみやげに是非どうぞ。

Promotion Video→


Figlmueller

巨大なウィンナシュニッツェルで知られた店。
2枚を3人で食べています。

1/4のちいさいのはかみさん、
でかいのまるごとはウィーンフィルのチェロのN氏。

じつは、サイドでとったジャガイモのサラダがおいしい。
お昼時は行列ができます。
時間をずらして昼下がりに行くのが正解。


Ottakringer:

ウィーンを代表するビール。
コンサートから帰って、ホテルで一杯!
ちなみに、地下鉄U3の終点はOttakring駅です。

Austrian Airlinesに乗って、
機内のドリンクサーヴィスで「Beer or Wine?」て聞かれたら
すかさず「Ottakringer bitte!」と言うとめちゃウケます。

しかし、Austrian Airは2016年秋に日本乗り入れから撤退。
ウィーンへの直行便はなくなりました。


Cafe Schwarzenberg

私たちのお気に入りのCafeを2つばかり。

Cafe Schwarzenbergは楽友協会に近いので、
コンサート前の時間つぶしや腹ごしらえに便利。
フィルハーモニカー達とここの従業員は顔なじみ。

Cafeは、
予約なしに廉価に手軽に食事をするのにも都合がよいところ。
キッシュとサンドイッチを注文したらこんなにたくさん!
2人合わせて10ユーロちょっと。


Cafe Sperl

ここは1880年の創業当時の内装が残っています。
リングの喧騒からすこし離れているので静かで居心地がよろしい。
Cafeでは、何時間も居座って本を読んでいてもOK。

でかい500mlのグラスはウィーンの定番ドリンクで、
ジュースを炭酸で割ったもの。

ここで収録されたすてきな映像→


Cafe Restaurant AUGARTEN

アウガルテン窯のカフェ&レストランで
ブラウナーとソーセージを注文したらこんなのが出てきた。


Cafe RITTER:

僕らの定宿の裏にある庶民的なカフェ。
いつも泊まる部屋が決まっていて、その窓からの眺め。


ホテルルームでごはん:

外食ばかりだとなにかと体の負担が大きいので、
ホテルの部屋でゆっくり食事をすることも多いです。
お湯を沸かすポットは部屋に必ずあるし、
食器やカトラリーもご覧のとおり。

うちのママは、
茹で卵などは部屋にあるもので簡単に作ってしまう。


ユリウスマインル / Julius Meinl

ウィーンを代表する高級デリカテッセン。
店内を見て歩くだけでも楽しいです。
コーヒーや紅茶などおみやげにもいいです。


ALT WIEN KAFFEE

地元に人に教えてもらった有機栽培コーヒー豆店。
私らはここのScarlattiブレンドが好きなので、
ウィーンに来たら必ず買って帰ります。

「ペーパードリップ用」と言って挽いてもらうと、
日本ではありえないくらい細かく
粉のように挽いてしまうのでご用心。


GIGERL

ウィーンでお酒を飲みに行くところといえば
ホイリゲ(HEURIGER)。
ホイリゲが集まっているのはウィーン郊外の北西部ですが、
GIGERLはウィーン市街のど真ん中にあります。

ここは楽友協会からも国立歌劇場からも近いので、
本番を終えたウィーンフィルの団員達がやって来ます。


Strassenbahn:

ウィーンの路面電車はすてき!
最新型はごついデザインでいまひとつな感じですが、
好きなのは流線型のひとつ古いモデル。
Wohenkarteを持っていれば1週間乗り放題。


electriCITY BUS:

Cafe Schwarzenbergの前で充電中のウィーンの電気バス。
2013年から世界にさきがけて走り始めた。

始発駅でパンタグラフ上げて充電するけど、
走る時はパンタグラフは下げてしまって使わない。
ルートを1回走る分だけ充電すれば足りるのが◎。


Stadtpark駅:

観光案内にも載らないようななんでもない駅なんですが、
十分美しいデザインだと思います。
それがウィーンの立派なところ。
この駅を下りると、あの有名なJ.Struass像まで歩いて3分。

ところで、ウィーンでは地下鉄や市街電車で
切符を買って乗る人はごくわずかで、
ほとんどの人は駅の入り口で何も出さずに
すいすいと電車に乗ってしまいます。

それは、Wohenkarte(1週間乗り放題)などの
期間割引切符があるからです。


Secession

おなじみの分離派会館です。
保守的なキュンストラー・ハウス(芸術家協会)と
縁を切って「分離」したことからこの名がつきました。

裏手からはNaschmarktがはじまり、
斜め向かいにはCafe Museumがあります。


オーストリア郵便貯金局

オットー・ワーグナーのデザインによる建築のひとつ。
リングのはずれにありますが、
シュテファン寺院からでも歩いて行けます。


MAK / Museum for Applied Arts

New YorkのMOMAのようなところ。

建物の窓一式がはずされて道端に置いてありました。

他の著名観光サイトに押されて地味な存在です。
おみやげショップにあるものがね、なかなか秀逸だと思います。
それだけの目的で行ってみてもいいかも。


Ludwig Nowotny

私は、
手芸とか刺繍とかよくわかりませんが、
ここは知る人ぞ知る大変なお店だそうです。

場所は、ペーター教会の裏から少し北に移転。
2015年3月時点でまだ工事中でした。


Stefansdom:

シュテファン寺院、
あまりに大きくて、超広角レンズでも全部収まらない。
こちらは南塔。


Stefansdom:

予算不足で高さが低い北塔にはエレベータがある。
低いからといって甘くみてはいけない。
5.5ユーロで上がってみる価値はあると思う。
高所恐怖症の人は、
エレベータから出ることすらできないだろう。


Zahnweh-Herrgott:

歯痛のキリスト像、
シュテファン寺院の内部と後ろ側の壁の2個所にある。
別にキリストさんが歯痛なわけではありません。


AUGARTEN

「いつか僕たちもアウガルテン・・・」
そんな夢を持つようになって30年ほど経ったある日、
ウィーンに滞在中に思い立ってアウガルテンを訪れた。

ここに来て驚いたのは、
この建物がアウガルテンのすべてという規模の小ささだった。
工房のすべてを見せてくれるツァーは真におすすめ。
何故おすすめなのかは行ってみたらわかります。

ここでも買うことができますが、
税金還付などを考えたらグラーベンの直営店がいいでしょう。


風致保存地区Spittelberg

古いウィーンの街並みが残る一角です。
このあたりは散歩に来る人も多く、
日曜日でも営業しているレストランがいくつもあります。

街を歩いていたら面白いものをみつけました。
Sala Terrenaで開かれる室内楽コンサートのポスター。
出演するのはウィーンフィルの団員たちとその家族。


プラーター公園

・・・といえば、映画「第三の男」にも出てくる大観覧車。
お客の乗り降りのたびに停止するので、
動いては止まり、また動く。

貸し切りのパーティー・レストランにもなる。


Fruehlingsstimmen:

2013年4月のウィーンは
まだちょっと寒いのでコートが必要。

ウィーンに着いた時のホテルの裏庭:左。
日本に帰る日のホテルの裏庭:右。


Hotel Kummer

僕達の定宿です。
市の中心から離れたリングの外側、
地元の人々が行き交うマリアヒルファー通り沿い。

あまり大きくないホテルなので落ち着く。
Cafe Gersterの経営なので料理がおいしい。


Hotel Kummer

泊まる時はいつも同じお気に入りの部屋を指定する。
部屋を出てこの階段を下りるとすぐに正面玄関。


CITY AIRPORT TRAIN(CAT):

ウィーン市街と空港をつなぐ列車。
Wien Mitte駅〜Flughafen Wien駅間17分。
みかけによらず、のろのろと走る。

切符は往復で買っておくととても割安。
空港に向かう時はWien Mitte駅で荷物のチェックインができる。


ウィーン空港のDEMEL:

ウィーン空港の日本行き直行便はすべてGゲート(でした)。
ディレイした時の暇つぶしに適したカフェが3〜4つあって、
出発間際までスイーツを食べたかったら
DEMELですかね。

Wiener Philharmoniker Oper und Kammermusikに戻る