Save Electric Power / Save the Earth
「クリーンで脱原発な美しい国へ・・・本格的省エネルギー時代」

看過できない深刻な警告・・・福島の子供が心臓発作で死ぬ

出典:「福島の子どもの心臓発作について クリス・バズビー博士


◆字幕の引用開始

電離放射線の人体への影響に関する専門家クリス・バスビーです。
福島とチェルノブイリについてお話します。

お伝えしたのは何かといいますと、
放射線の影響を見定めるのに使われるモデルはいつも癌と白血病にばかり着目します。

現在のリスクモデルでは「福島で癌がどれだけ増える」
「チェルノブイリで癌がこれだけ増えた」そういう話になる。
でも放射線はあらゆる病気を引き起こすことがチェルノブイリから分かった。
その一つが心臓病です。

ここでは子どもたちの心臓病についてお話したいと思います。

私の仲間 Y・バンダシェフスキー教授はかなり有名です。
ベラルーシの汚染地帯に住む子どもたちに
セシウム137が与えた影響を研究したからです。

1990年代後半、彼が発見したのは、
1kg当たりわずか20-30ベクレルという
微量のセシウム137に被ばくした子どもたちに不整脈がみられることでした。

そして心臓発作を起こし死んでいた、
とても深刻な問題です。

つまり子どもたちの間には白血病や癌もあるにはあったが
心臓病の割合がとにかく高かった。

心臓病はふつう高齢者の病気です。
それが子どもたちに表れていたのです。

私は考えました。
低レベルの汚染地帯で、なぜこんなことが?

調べてみますと、驚愕の事実が判明しました。
2〜5歳位の子どもの心臓はだいたいこの位の大きさです。
(動画を参照)
10歳位だとこの位です。
(動画を参照)
子どもの心臓にある細胞の数も計測から分かっています。
5歳児の心臓の重さは220gです。
ほとんど血液です。
血液を除いた5歳児の心臓には約85gの筋肉組織があります。
データとしてはこういうことです。

心筋細胞の大きさに関してもわかっています。
だから子どもの心臓にある心筋細胞の数もわかります。
心筋細胞の数は30億個です。 いいですね。

これで何がわかるのか。
仮に50Bq/kgのセシウム137が心筋に入るとしますね。
1Bqは毎秒1回の原子核崩壊ですので、
そのセシウム137ではどれだけ原子核崩壊があるか。

1年間でどれだけの電子飛跡が出るか判ります。
この計算じたいはとても単純です。
ところが、想像を絶する量の電子飛跡が
細胞内を通ることがわかります。
しかもこのレベルのCs137の電子飛跡により
心筋細胞のわずか1%が死ぬだけでも、
心臓の心筋細胞全体の25%が失われるのです。
これは大変深刻です。
心臓は驚異的な働きをしていますからね。
心筋は一生を通じて、自律的に収縮を繰り返します。
一日7千リットルの血液を体中に送る。
驚異的です。
70年間の人の一生を通じて心臓はずっと脈打っています。
でも当然これらの細胞はあまり入れ替わりません。
一年でも入れ替わるのはせいぜい1%。
これらの細胞のすべて、またはその一部が損傷されたとしても、
ただちには入れ替わらないのです。
つまり50Bq/kgのセシウム137に1年間被ばくするというのは
なおセシウム137は筋肉に留まるという実験結果があります。

ヨウ素が甲状腺に行き、ストロンチウムが骨、
そしてDNAに行くように、セシウム137は筋肉に留まる。
心臓の心筋組織に蓄積されます。
つまり、そのレベルのセシウムに
一年間被ばくさせられる子どもの心臓では、
そんな微量でも、細胞の約25%が破壊されてしまいます。
だから、バンダシェフスキーの研究と同じ影響が出ると予測できます。
福島では子どもたちが心臓発作を起こしていると聞いています。
そうしますと、大変重要なことが2つあります。
まず速やかに、子どもたちの心電図を取って下さい。
どんな病院にもある設備です。
心臓伝導系に問題がないか見て下さい。
心筋細胞の損傷はまず刺激伝導系に出ます。
バンダシェフスキーも心電図で発見しました。
彼はこれを発表して投獄されました。
「恐怖を煽った」とみなされたのです。
バンダシェフスキーは数年間も投獄されていましたが
アムネスティと欧州議会が国際旅券を発給し、ようやく釈放されました。
大変珍しいことです。
私も一緒に仕事をしましたが、本当に英雄です。
ECRRのレスボス会議でも重要な賞を受賞しました。
子どもの心臓疾患増加についての研究発表も、
この会議でしてくれたものです。

まずは子どもたちの心電図をとり、
心臓伝導系の異常の有無を見て下さい。
避難させること。

ええ心臓伝導系に問題が見つかった子は
すぐ避難させるべきです。
でも一人でも伝導系の問題が見つかったら
全員避難させるべきです。

心筋内のセシウム137による
潜在的影響があるからです。
心筋や心臓は修復出来ません。

子どもたちはずっと苦しみ早死にするのです。

そこで2番目の重要点が出てきます。
心臓発作や心臓病で死ぬ人は
癌では死なないということです。

癌は基本的に高齢者の病です。
遺伝子の損傷が起き、だいぶ経って癌になる。
癌の発症率は年齢と共に急上昇します。
でも心臓疾患の影響はもっと早くに現れますよね。

福島のような汚染地帯で
癌が莫大に増えるとはかぎらないのです。
癌も増えますが、心臓病はもっと増えるでしょう。

ベラルーシではそうです。
癌も増えましたが、
心臓病が莫大な増え方をしています。

その結果、ベラルーシ共和国の人口はチェルノブイリ事故後、
急激に減り、今ではマイナスに置き換わっています。
実際このままでは、ベラルーシから人がいなくなります。

福島でもそうなるでしょう。
これは警告です。

心臓病・心臓発作を注視し、
子どもたちを速やかに逃して下さい。
これはとても単純な計算でわかることです。

報告書をネットにアップしますのでご覧下さい。 それからバンダシェフスキーがレスボス会議で発表した報告書は
欧州放射線リスク委員会のサイト
http://www.euradcom.org/
に載っています。

ご清聴ありがとうございます。

◆字幕の引用終了


ECRR 欧州放射線リスク委員会2003年勧告 放射線防護のための低線量電離放射線被曝の健康影響:実行すべき結論(Executive Summary)
勧告:ECRR 2010 Recommendations of the European Committee on Radiation Risk


HomePageに戻る