Notes for Windows10
 Windows10の視線制御の注意点 
  

このページの内容

スタートパッド(β版)の制約
Windowsアップデート後にTobiiが動かなくなった時
視線制御でアプリケーションのインストールはできない問題
半角英数字の入力(苦肉の策編)
Windowsキーとの組み合わせショートカット

スタートパッド(β版)の制約

視線制御のためにWindows10からサポートされるようになったスタートパッドですが、キーボードが簡略化されたために通常のキーボード操作でできることのいくつかができなくなっています。

<半角英数字が入力できない>・・・英数モードとカナ漢字変換モードを切り替えるキーがありません。キーボードの見た目は英語キーボードですが、ローマ字変換が常にONであるため、「a」と打つと即座に「あ」と変換されます。「amazon.com」と打つと「あまぞん。こm」になります。数字や記号は必ず倍角になります。しかし、このキーボードの変換癖も教育することでなんとか半角英数字が打てるようになります。シフトキーで大文字にすると半角英字が出るので、これを繰り返しているうちに変換候補に「a」や「i」が出るようになります。但し、気まぐれなことがあるのでコンスタントに出てくれるわけではありません。

<スクロールがいまひとつ苦手>・・・クリックポイントを移動させて精密な位置の指示はできますが、スクローラーの位置は一発勝負なので精密に位置を決めることができません。スクローラー自体の動きもぎこちなさがあるため、行き過ぎたり戻り過ぎたりを繰り返すことが多いです。

<ドラッグができない>・・・マウスドラッグの機能はありませんので、代替の方法でしのぐ必要があります。

<Windowsキーを含むショートカットが使えない>・・・キーボードにはWindowsキーがついていますが、これを叩くとすぐにスタートメニューが現れてしまうので、他のキーと組み合わせることができません。スタートパッド側にも全く同じ動きをするWindowsキーがついているので、単なる設計上の見落としではないかと思います。

使いたいショートカットとしては、「Win+D」=デスクトップを出す、「Win+M」=すべてのアプリを最小化するなどがあります。さらに「Win+Ctrl+?」が有効になると仮想デスクトップが自在に使い分けできるようになります。つまりデスクトップごとに視線制御ツールを複数使い分けられるから、ユーザビリティは劇的に向上するわけです。


Windowsアップデート後にTobiiが動かなくなった時

Windowsは時々自動アップデートがあります。シャットダウンおよび起動時に「コンピューターの電源を切らないでください」とか「Windowsを構成しています」といったメッセージが出るあれです。私のパソコン環境では、Windowsアップデート後にTobii Eye Trackerが認識されなくなる現象が起きていますが、皆さんは大丈夫でしょうか。

対処法:
(1)Tobii Eye Trackingをアンインストールします。
(2)Tobii Eye Trackingをインストールし直します。
   ダウンロードはこちらから→
https://gaming.tobii.com/getstarted/

私の場合はこれで復帰しました。
そこで、いつでも再インストールできるように、Tobii Eye Trackingのインストーラーをダウンロードしたまま消さずにDesktopに置きっぱなしにしてあります。しかし、Tobii Eye Trackingの再インストールでは次に述べる「視線制御でアプリケーションのインストールはできない問題」があります。

◆同様の解説がOrihimeのサポートにも書かれています。→ 「視線入力装置(tobii)がパソコンにUSBに接続していても認識しない。(赤く光らない)
◆さらに同様の解説がe-ATのサポートサイトにもあります。→ 「視線入力用Tobiiのドライバソフトが不調の時の対処法
◆Senwisdoms にも同様の解説があります。→ 「Tobii がパソコンでうまく動作しないときの対処法


視線制御でアプリケーションのインストールはできない問題

視線制御で自力でWindowsPCを管理&メンテナンスしてゆく上で、どうにもならないのがアプリケーションのインストールです。

アプリケーションのインストーラーを起動すると右の画像のダイアログボックスが出ますが、この時、Windows機能全体が停止します。デスクトップ画面もタスクバーいなくなります。そのため視線制御も停止していて機能していません。PrintScreenキーも機能しなくなってしまうので、この画像はスマホで撮影しています。生きているのは、インストーラーのダイアログボックスとマウスだけです。

こればかりは視線ではできないため、Zonoのような代替マウスを併用するか、誰かに操作してもらうしかありません。


半角英数字の入力(苦肉の策編)

半角英数字が入力が容易にできないのは困ったものです。いえ、全くダメというのではなく、使っているうちにある程度は出せるようになります。「Shift+A」と打つと大文字の「A」が出ますので、そのようにして何度もアルファベットを出しているうちに、半角、倍角のアルファベットが出るようになってきます。変換機能を教育すればいいのです。

しかし、ホームページのhtmlやプログラムのコーディングではこんなことはやっていられませんので、連続して確実に半角英数字を打てるようにしなければなりません。

以下に、現在私がやっている苦肉の策をご紹介します。

購入時のWindowsパソコンには言語として日本語がセットされ、キーボードも日本向けの動きをします。キーボードでひらがなやカタカナや漢字が打てるのは日本語がセットされているからです。そこに英語を追加します。英語を追加すると、英語用のキーボードが追加されます。英語モードでは、英語しか打てない・・・かなや漢字が打てない状態になります。

こうすれば、「a」を打ったら「あ」になってしまうスタートパッドも降参して「a」を打つだろうと考えたわけです。作戦は成功し、タスクバーの右下のところに今何語モードなのかが表示されます。

さて問題は、JモードとEモードをどうやって簡単な操作で切り替えるかです。タスクバーのちいさなアイコンをクリックすると切り替えスイッチが出てきます。じつは「Ctrl+Shift」という一発切り替えのショートカットがあるのですが、視線制御のスタートパッドのキーボードが受け付けてくれません。そこのところが最後の課題です。

私はまだ足が動くので、フットスイッチに「Ctrl+Shift」を覚えさせてしのいでいます。もっとも、視線制御のスタートパッドのキーボードで半角英数字が入力できればこんなメンドクサイことをやらずに済むのです。


Windowsキーとの組み合わせショートカット

視線制御のスタートパッドのキーボードの機能が改善されない限り簡単に操作することはできません。



Enjoy iTunes Music with Eye Trackerに戻る