My Life Catalogue: Hobby: Driving Tech

Driving Tech


本音爆裂・神経逆撫
師匠と弟子のROVERドライビング講座

1.下手糞運転いろいろ 2000.9.17
2.ブレーキング 2000.9.28
3.子供 2001.2.19
4.トラックの気持ち 2001.6.11
5.高速道路 2004.11.工事中


同乗者の心理

運転が上手いといわれるドライバーは、周囲のさまざまな人が、今、何を考え、どう感じているかを察知できる能力が高いといわれています。彼の前方を走行している車のドライバーの心理、彼を追い越そうとしているドライバーの心理、停止している彼の車の前の横断歩道を渡っている親子連れの心理等々を察知できる能力です。そして、ドライバーに対してもっともきびしい評価を下すのが同乗者。その同乗者の心理を察知できる能力です。

同乗者に運転経験がある場合、あなたがブレーキングして減速するたびに、彼(または彼女)も、心理的にブレーキングをしているかもしれません。そういう時、同乗車は、あなたのブレーキングのタイミングに不安を感じています。そういう時、あなたは運転技術について、同乗している同乗車から十分な信頼を得ることができないでいる可能性は高いのです。

どういう場合に、信頼を失うのかというと、あなたがまだ気づかないでいることを、同乗者が先に気づいてしまう、という状況が何度も起こったときです。同乗者は、あなたに代わって、安全確認をしなければならない、と思い始めているかもしれません。

右ハンドル車の場合、助手席と運転席とでは明らかに情報量が違います。運転席にいる方が、先に情報が飛び込んで来ますし道路全体の状況を把握しやすくなっています。あなたは、ほんのちょっと注意力を発揮するだけで、同乗者よりも先により多くの情報を得ることができるのです。

なのに、何故、同乗者が先に気づいてしまうのでしょうか。多くの場合、予知能力に差があるとそういうことが起こってしまうのです。


予知システム

あなたが、俊敏さに自信があり、とっさの素早い対応能力に優れているとしましょう。きっと、人よりも数分の1秒程度動作が速いのです。しかし、状況の予知ができる人の場合は、1秒、2秒という単位で先読みをすることができます。つまり、少々の俊敏さに欠けていても高度な予知能力を持ったドライバーは、あなたよりも1秒も2秒も余裕がある運転ができるのです。

動作の俊敏さで補える時間差はせいぜい数分の1秒です。状況の予知による1秒、2秒にはとてもかないません。しかも、状況予知による運転動作はゆるやかなもので済みますが、動作の俊敏さによる運転動作は常にぎこちなさを伴います。

優秀といわれるドライバーは、すぐれた予知システムを備え持っています。その予知システムを支えているのが、前述した「周囲のさまざまな人が、今、何を考え、どう感じているかを察知できる能力」なのです。


予知は大人のゲーム

十分な先読みができると、運転に非常な余裕が生まれます。あなたが、何気なく左に車線を変更したとします。同乗者は、何故、あなたがそんなことをしたのかわからないでいますが、やがて、道路工事の車線制限に出会います。あなたは、さっき、高架部分を通過した時に、はるか前方の道路工事に気づいていたからです。

ゆるい坂を登り詰めながら、あなたの方が前を行くバンよりもほんのわずか先にブレーキングを開始し、やがて停止しました。同乗者は、何故、あなたがそんなことをしたのかわからないでいますが、今停止したばかりのバンの前には横断歩道があり、幼稚園児がぞろぞろと横断しているところでした。あなたは、坂を上り詰めた際に、バンと道路のわずかの隙間から、前方の状況を察知していたからです。

このようなことが数回起こることによって、同乗者は、あなたの運転技術を信頼するようになります。

実際、あなたの行った車線変更は余裕を持ったスムースなものであったに違いないでしょうし、ブレーキングはほど良いタイミングが得られていたでしょう。何よりも、ドライビングそのものがスピーディだと思います。スピーディさというものは、スピードの速さで得られるものではなく、良いタイミングとスムースな動きから得られるものだからです。

これを支えているメカニズムが予知システムです。予知ができるためには、精神的に大人でなければなりません。予知は、大人だけができるゲームなのです。

* * *
  • 前を行く路線バスの中で、立ち上がる人がいたら、そろそろバス停に着くのではないかと考える。
  • バス停に路線バスがいたら、そのバスに乗ろうとして道路を走って横断してくる人がいるのではないかと注意する。
  • 対向車線で路線バスがバス停に着いたら、そのバスを追い越そうとした車がこちら側の車線に飛び出してくるかもしれないと注意する。
  • 停留所で停止したバスは、そこで時間調整のためにすぐに発車しないかもしれないと考える。
  • 空車のタクシーは、いつ、停車するかもわからないと注意する。
  • タクシーのお客が車内で運転席側に乗り出していたら、迷っていて突然右左折するか、または、もうすぐ目的地に到着・停止するのではないかと考える。
  • 空車のタクシーが公園脇で停車したら、そこにはトイレがあると考える。
  • タクシー待ちの人がいたら、反対車線のタクシーがいきなりUターンすることもあると考える。
  • 高速道路の出口付近で、こちらを追い越した車がいたら、その車は追い越し車線から一気にいちばん左側の車線まで移動するかもしれないと考える。
  • 風の強い日の高速道路。カーブの先には、いろいろな物が落ちていると考える。
  • 高速道路の見通しの悪い急カーブの先には、きっと、渋滞の最後部があるものと想定する。
  • 歩道に犬が見えたら、その犬は鎖でつながれているか、自由な状態であるかを注意する。
  • 道路に子供が飛び出してきたら、その後に続いてもう1人2人飛び出してくるかもしれないと考える。
  • 買い物帰りのご婦人が荷物を満載した自転車で歩道を走っていたら、そのまま車道側にあっけなく転んでくるかもしれないと考える。
  • 路肩に停車している車のアンテナがするすると伸びたなら、そろそろ発進するのではないかと注意する。
  • 立体交差の手前では、右折のために慌てて右から左に車線変更する車がいるのではないかと注意する。

最近思うこと


ROVER Carsに戻る