Basic Operation
   視線でiTunesを使おう   
  

iTunesプレーヤの基本操作

視線制御なみなさんは、Webブラウザを操作するのにごく当たり前にショート・カットを暗記して使っていると思います。iTunesも同様で、わずかなショートカットを覚えるだけでかなりの操作ができます。ショートカットをうまく使えばマウスよりもスピーディな操作ができるようになります。

<アルバム・曲選び>
・スクロール・ツール。
・PgDn、PgUp。

<PLAY>
・スペース、Enter。(状況によって)
・アルバム、曲名をダブルクリック。


<PREVIOUS/NEXT>
・次の曲・・・Ctrl+→。
・前の曲、曲の先頭・・・Ctrl+←。

<PAUSE>
・スペース。
・スペースで再開。

<STOP>
・Ctrl+.

<Volume>・・・この機能はあまり使わない(ボリュームのところで後述)。
・音量を上げる・・・Ctrl+↑
・音量を下げる・・・Ctrl+↓

<演奏中のアルバム/曲を表示>・・・いじっているうちに別のアルバムの画面になってしまった時。
・Ctrl+L。

<iTunesを閉じる>
・Ctrl+W


iTunesでリザーブされている主なショートカット

細かなマウス操作が苦手な視線制御ではショートカットを多用します。iTunesにどんなショートカット・キーがあるのか整理してみました。これらとぶつかるショートカット・キーを作ってしまうと誤動作の原因になります。参考のためにWindows Media Playerも書き加えてあります。

iTunes MENU操作iTunesWindows Media Player
ファイル新規プレイリストCtrl+NCtrl+N
ファイルファイルをライブラリに追加Ctrl+O-
ファイルウィンドウを閉じる(終了)Ctrl+WCtrl+W
編集情報を見るCtrl+I-
編集カット(曲の情報やアートワークの)Ctrl+X-
編集コピー(曲の情報やアートワークの)Ctrl+C-
編集ペースト(曲の情報やアートワークの)Ctrl+V-
編集すべて選択Ctrl+A-
編集環境設定Ctrl+,-
表示下へスクロールPgDn-
表示上へスクロールPgUp-
表示先頭にスクロールHome-
表示末尾にスクロールEnd-
表示表示オプションを表示Ctrl+J-
表示ステータスバーを表示Ctrl+/-
表示ビジュアライザを表示Ctrl+T-
表示イコライザを表示Ctrl+Shift+2-
コントロール選択中の曲を演奏Enter-
コントロール一時停止/再開スペースCtrl+P
コントロール停止Ctrl+.Ctrl+S
コントロール次へCtrl+→Ctrl+F
コントロール前へCtrl+←Ctrl+B
コントロール現在の曲に移動Ctrl+L-
コントロール(アプリ・ボリュームの)音量を上げるCtrl+↑F9
コントロール(アプリ・ボリュームの)音量を下げるCtrl+↓F8
コントロールミュートCtrl+Alt+↓F7
コントロールディスクを取り出すCtrl+ECtrl+J



Enjoy iTunes Music with Eye Trackerに戻る